読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

2017年3月観たものまとめ

フライングですが今日はもう観る予定もないので投稿しちゃお~~~~!

明日から新年度ですね!いかがお過ごしでしょうか。新大学生とかいるのかな。幸多き日々になりますように~!新社会人は一緒に推しのためにがんばりましょう!ニートはあったかくなってきたからとりあえず外出よう!わたしもぼちぼち若手と言われない年次になりつつありますが、今年も自分と推したちのためにがんばります。

今月はわりと帰宅してお風呂入りながら見ていたので映画が多め!

プライムビデオすごいです。あんまり映画を見て成長してこなかったので、「うおー!これ名前知ってるけど見たことない!」っていうのがいっぱいあって楽しいですね。配信は全部プライムビデオで見てます。DLもできるので出先でも通信なしで見られます。回しものじゃないですよ!

 

舞台「弱虫ペダル 新インターハイ篇~スタートライン~」

ペダステ~~~~~~東京初日と土曜のソワレ行ってきました。あきもとくん7割くらい完全にネタ要員でしたね!あの声でレーパン上げて子供役は笑うでしょう!りゅう坊!

緩急と安定感のある舞台だったなあと思っています。笑いもシリアスもしっかりと魅せるところは魅せる、そんな感じ。やっぱり新世代は手嶋先輩に対する青八木の存在がとってもアツいです…あ、バス内の手嶋先輩VS総北メンバーは大笑いしました。ぶっちゃけ話のせいもあるけど手嶋先輩がただただかっこいい舞台だった~体育会系にいた自分としてはそれなりに入り込めるところもあって、特に手嶋先輩は自分と似ていえ感情移入してしまいます。才能がないから努力でのし上がることしかできないっていうのが「わか……わかる~~~~~~~~………」ってなるキャラです。わたし自身劣等感の強い人間なので、劣等感を乗り越えたキャラがとても好きです。ペダルの推しは荒北さんです。コンプレックスの塊なので自分語りしそうになってやめました。手嶋先輩を演じた鯨井さんの芝居はとってもよかった。声の通りもすごくよかったし、コメディチックなところもちゃんと全力でこなしてる感じがたまらないです。良い役者さんだなあって思いました。あ、東京初日のカテコくるくる片思い、谷水くんがすごくアイドルだった。別舞台でアイドルやってるだけあるです。あきもとくんは間違えてた。これ踊るの何回目だよ可愛いなあって思いながら観てた。あと悠人くん役の飯山裕太くんがCawaiiです。犬顔最of高すぎる…あの子本業アイドルなんだね。百瀬くんもいるし、アイドル関係者しかいねえじゃねえか!ちなみに新開悠人くんは新世代で一番すきなキャラです。舞台自体には関係ないけど左右の人が前のめりで見ていて「ちょっとまておちつけ初心者か!?」ってなった。ちゃんと大人しく見ようね。

東京初日は前・鳴子役だった鳥越くん、土曜のソワレはわたるん大先生がいらっしゃってたり、お二人とも舞台上のキャストさんに巻き込まれまくっていて、わたしが行った回はペダルゲスト感の強い公演でした。ペダステは現行のキャストさんも過去のキャストさんもスタッフさんも仲が良くてすごく好きです。それだけ大変な過程を経てきているんだろうなあ。

 

 舞台「ペンション桂木」

赫い月が終わってから、若宮亮さんのご出演舞台をストーカーのように見続けているではないか。若宮さんの作り出す雰囲気がわたしは好きなんだろうなあと思いながら観ました。セットがとても可愛らしくて素敵でした。全体的にテンション高め、キャラ濃い目。ストーリーのテンポがとにかくよくて、あっという間の95分でした。前座で主人公役の方とその弟役の方が出てきて開演前のご注意~っていうことでコントやってた。そこからもう笑ってた。「コメディなのでドンドン笑ってください!」って言ってくださったので、公演中も思い切り笑えました。やっぱり音出しちゃアレかなあって思うことも多いので、意外と気を使っちゃうよね。客席を巻き込んでいくタイプの舞台だったなあと思います。終わり方も含みがあって、「あ~~~~まじか~~~~~そうくるか~~~~~~ひゅう~~~~!」ってなって帰りました。ところどころ「!?急展開だな!?」ってなったけどテンポが良すぎたのでしょうか。でも思い返せばちゃんと伏線もあって、とても面白かったです。リピーターが多いみたいだったので、回数重ねた方が面白みがあるのかな?あ、会場の中野ザ・ポケット、とても愛らしい箱ですね!好きです。調べてみたらキャパは180とのこと。意外と人入るんですね。左右幅がなく高低差があるので、たぶんどこに座っても見やすいです。ただ駅前まで戻らないと劇場付近に開いているお店がないので、12時開演のときは上手く時間がつぶせませんね。ソワレ後はレンガ通りにお店がいっぱいあるのでいいと思います。

 

映画「SEX AND THE CITY」(配信)

頭空っぽにしてみる作品だな~と思ってみてました。映像としてはコロコロかわるのですごく楽しいです。楽しいけど面白いかと言われるとそうでもない。なんでこんなに称賛されているのかわたしにはわからなかった…プラダを着た悪魔の方が好きです。アメリカでは働く女性の間で共感を得て大ヒット…らしいのですが、わたしには微塵も共感できる点がなかったです……テレビシリーズ見た方がいいのかな。映画はなんか微妙でした。なんだろう…痛いなあと思ってしまった。わたしがまだ20代だから?人間味が強すぎて、そこはもうちょいなんとかできたでしょ?!え!?そんなことで怒るの!?え!?そんなに嫌ならやめちゃえばいいのに!?ってなってしまった。おとぎ話にするには中途半端で、共感するには非現実的すぎてダメでした。ファッションを楽しむ分にはいいと思います。キラキラ~ってかんじ。

 

映画「下妻物語」(配信)

ごめんなさい面白さがあんまりわかりませんでした!作業用BGMみたいな感じ。ただし深キョンがめちゃめちゃにかわいいのでサイコー!って気分です。ただあの棒読み感が冷めている感じが出ていてよかったなあと思います。土屋アンナはイチコって感じでした。ラスト啖呵切った桃子はなんかあんまり怖くなかったです。まあ深キョンだしね、演技はほどほどって感じだよね。話はシンプルでわかりやすい。展開も読める。そこにストレスはない。グッとは来ないけど、桃子の生き方にはすこしだけ感銘を受ける。好きなことを仕事にすることには憧れるけれど、好きなことを好きなファンのままでい続ける。目の前に撒き餌をされながらその選択をすることも勇気がいることだよなあと思った。ストーリーに入り込むというよりも、部外者が知らない人の人生の一部を客観的に観ている感覚。BABYのお洋服はやっぱり夢があってかわいいよね…わたしはロリータに身を包んだことはないですが、かわいい女の子がロリータ着ているのを見るのは好きです。音楽が菅野よう子だよって仲のいいフォロワーさんが教えてくれてドッヒャー!ってなりました。あとキャスティングがこの界隈御用達のネルケさんでした。

 

映画「シザーハンズ」(配信)

ああ~~~~ティム・バートン×ジョニー・デップに間違いはないということを改めて知らされる作品でした。ジョニー・デップってさ、ジョニー・デップなのにキャラクターだからすごいよね。あの存在感は拭いきれていないのに、でもその存在感はキャラクターそのものの存在感なんだよな…ストーリーも好きです。ただのファンタジーで終わらせず、人間の浅ましさをしっかりと描いていくのがなんとも皮肉。ティム・バートンってファンタジーと現実の対比がすごくうまいよね。ただずっと違和感を感じていたのは、エドワードを拾ったペグが終始エドワードを「かわいそう」と言っていたこと。そっかー結局「ふつうとちがうこと」は「かわいそう」なのか、と感じてしまって、ペグのことを好意的な目で見られなかった。それも含めて人間の浅ましさなのかな。人の心を持たない人造人間は、どんなに望んだとしても人間にはなれない。愛の概念もわからない。倫理観もない。でも、キムとエドワードの間にあったのは確かに愛だったし、感情だってあった。何も感じないなら「キムに頼まれたから」悪事を行うわけがない。何も感じないなら、一連の事件のあとに壁やタオルをがりがりびりびりするわけがない。少しずつ「人間」に近付いていくエドワードが、見ていてとても愛おしい。それでも人間にはなれないのがもどかしくて切なくて、愛する人を抱きしめたいのに自身の手が鋏だから抱きしめられなくて……で思わず涙。……ここまでがテンプレでしょうか。テンプレ通りの感想を抱きました。わかっていても泣いちゃう。公開は1990年!?嘘だろわたしが生まれるよりも前かよ!?ってびびってしまった。時が経っても色あせない作品だなあ。

 

映画「ゾンビーワールドへようこそ」(配信)

なんかすごいものを見てしまった(?)フォロワーさんにオススメされて見てみました。ウォーキングデッドをぎゃあぎゃあ言いながら見ているような人間なのですが、これ、随所に笑いどころを配置していくのがずるすぎてもうぎゃあぎゃあぎゃははぎゃあぎゃははって感じでした。ゾンビの動きもなんか様子がおかしいし。これはコメディということでよろしいでしょうか……コメディもこれくらい頭空っぽにして見られるといいんだけど。スラングの嵐だし、結構しっかりグロ要素がつよい(内臓とか良く出てる)ので、苦手な方は回れ右。わたしは苦手だと思ってたけどコメディなら平気らしい。ボーイスカウトという所属をうまく使いこめていてそれが面白さを助長していると思います。救いようのあるゾンビ映画。あのあと残ったゾンビたちがどうなったのかまではわからないけど、全滅したんでしょうか……。ただただデニースがかっこいい映画です。この作品のヒーローはデニースです。女の子がみんなかわいくてサイコー!ぼんきゅっぼんの美女しかいねー!下ネタ全振りなところとか、おねーさんがとにかく美人ばっかりとか、街全体がゾンビになっちゃうとか、それを非モテ高校生が救っちゃうとか、全体的に、こう、やんちゃな10代男子の夢見る世界が繰り広げられているっていえばわかりやすいかな。ウォーキングデッドは面白いけど重くて心が痛くなってくるので、ライトなゾンビ映画シリーズって感じです。個人的にはロンドンゾンビ紀行も見たいです。別にゾンビが好きなわけではないんだけどな?

 

以上!ミニ出張がある中でもわりと見られたなあ。舞台はなかなか難しかったですが。でも3月はイベントもあったので、一週間に一回は何かしら見に行っていた気がします。

それではよい週末をお過ごしください!

22歳と24歳と26歳

24歳になった。すいません、最初の方はあんまり若手俳優関係ないです。

生まれてから小学生が二回できる年齢だなあなんて思うとすごい年数生きてきたような気がする。幼いころ、わたしは大人になったら何でもできるようになると思っていた。大人になったらきっとシュッとした美人になって、大人になったらきっと誰からも好かれる明るい人間になって、大人になったらきっと仕事がすごくできる人間になって。実際に年を重ねてみたら一つだって達成されていない。

 

24歳って何だろうと思って、グーグルで「24歳」と検索をかけた。

24歳は、女性が一番「モテる」時期らしい。

24歳は、女性にとって第一次結婚願望期らしい。

たしかに高校の友人や大学の友人が、ここ半年でバシバシ結婚していった。なんとなく取り残されたような気分にもなりながら、「24で結婚って早いよなあ」とも思う。わたしのまわりにはアラサー独身でも楽しくかつ充実した人生を謳歌している友人もたくさんいる。かと言っていろいろ逆算していくと、24歳はぼちぼち結婚・出産のことも考えないといけない年であるとも思う。相手がいないわけじゃないけどまだそこまで先の未来は考えられなくて、わたしはいまのらりくらりとバンドのおっかけや二次元おたく、俳優おたくをやっている。楽しい。それでいいかなーって気分にもなる。正直これができなくなるのは痛い。

幼いころに思い描いていた大人の姿とはかけ離れていて、言ってしまえばわたしはすごく狭い交友関係の中で生きている。高校・大学の友人で今でもたまに会うのは片手で数えられるくらいだ。でも、趣味を通じて出会った友人たちは、両手で数えてもたりないくらいにはいる。5年の付き合いになってもまだ好きでいられるし、好きでいてくれるみたいだ。もちろんいなくなった人もいるけれど。不思議なものだなあ。

わたしはあまり自分の高校が好きではなかった。すきだったけれど、正直仲のいい子なんか一人もいなかった。みんな当たり障りのない知り合いだった。話題は合わないし、某有名私大の付属だったので山奥にあるのに東京から通っている子も多く、わたしも二時間かけて通学していたので地元が同じということがまずありえなかった。部活も結構な強豪だったので、人数合わせで出場した大会で優勝もした。でも誰とも特別仲良くはなかった。アニメや漫画以外にはニコニコやバンドくらいしか興味のなかったわたしは、思春期の女子高生としては色気のない生活を送っていたように思う。ブスだったし、筋肉質だったし、キモオタだったし、田舎臭かった。それでも好きになってくれる異性は何人かいた。いたけれど、いま彼らは誰一人としてわたしにコンタクトを取ってこない。一時の気の迷いってあるんだなあと思う。

 

この年になって、10代後半から22歳くらいの数年間をよく思い出すようになった。思い出す。あー、こんなやついたなあ、と思う。たぶん彼らは、わたしのことなんて思い出す暇もない。わたしのことに使っていた記憶のメモリを、今はもっと楽しい他の誰かとの思い出のために使っているんだろう。こうして人は忘れられていくんだなあなんてぼんやりと思う。昔は人に忘れられるのは怖かった。だから誰よりも目立とうとしていたし、誰よりも優秀でありたかった。でもいまはそんなこと思わない。微塵も思わない。わたしのことなんか忘れてくれって思う。好いてくれる人にだけ覚えて貰えればいいやって割り切れるようになったのは、ある意味大人になったのかなって感じる。

 

わたしは決して意識の高い人間じゃないから、若いから仕事をバリバリやろうなんて思わないし、長生きする気も更々ないので老後のことはそこまで考えていない。今は生きているうちで一番楽しい。趣味の合う友達がいて、推したちがいて、働くのは面白くないがその分自分にもお金を使える。今を楽しく生きるのが、いちばんたのしいよね。大好きな人と一緒に、自分のために生きていきたいなあ。好きをあきらめたくない。自分の感情に一番素直になれるのは自分だけ。

 

10年後、「あのときは楽しかったなあ」と思える自分でいたいと常に思うし、10年後、「あのときこうしておいてよかったなあ」と思える自分でいたい。24歳も、加齢にとことん抗う一年にしたいし、25歳になったとき、クリスマスケーキなんて言わせない自分でいたい。

 

推しAは明日26歳になる。彼は本当に芝居に貪欲だ。決してそうそうたる美形俳優たちのように整った顔立ちをしているわけではないが愛嬌もあるし、人柄も良い(よさそうだとわたしは思う、しらんけど)。何よりもその芝居に対する貪欲さがわたしは好きだ。彼にとって25歳はどんな一年だったんだろうか。人付き合いに対して積極的な彼は、わたしとは正反対の生き物だ。なにかのインタビューで、「心を閉ざされると開くまで構いたくなる」という旨のことを言っていたのだが、もしもわたしが彼と普通の「友人枠」で会っていたら、心を開くまで構われていたんだろうなあと思う。わたしがなりたかった人間の姿だ。今の自分に不満はないけれど、もしも彼みたいになれたら、きっと人生はもっとイージーだったのかなあなんて思ってしまう。自分の仕事(お芝居自体が好きだから、仕事というイメージはないのかもしれないけれど)に対してあそこまで真摯に貪欲にいられる、そして人とのかかわりを前向きに捉えられる彼が、わたしは心底羨ましい。

その一方で推しBは、先日22歳になった。恐るべき22歳。わたしが22歳だったときのことを思い出すと、どうしても社会人一年目でボロクソだったことしか思い出せない。わたしが必死こいて先輩に縋っていたあの年齢を、彼はこんなに立派に過ごしている。仕事に対しては表立ってその意欲を前面に出さない彼だけれど、彼を取り巻く人の話を聴いていると、案外彼は熱血なところがあるんだなあなんて思わされる。「若いのに」なんて言葉は使いたくないけれど、彼は間違いなく22歳だったわたしなんかよりもずっと前向きに、ずっと前を進んでいる。

Aくんは「こうなりたいなあ」と思わせてくれるし、Bくんは「わたしも負けないようにがんばらなくちゃ」と思わせてくれる。そういう人が身近(ではないけど)に感じられることがありがたいなあと思う。

 

もう戻らない24歳を、推したちに負けないように生きていたいなあ。自分が疲れてしまうまで頑張るつもりは到底ないけれど、楽しみながら、わたしよりも年が上の人に羨ましがられるような、そして、わたしよりも年が下の人に憧れられるような自分でいたい。

 

 

 おわり

広告を非表示にする

初めて単独イベントに行ってきたよ

はじめて単独イベントとやらに行って参りました。

こう、\同厨だぞ/っていう空間があんまり得意ではなく、でもいきたいな~って気持ちが今回は強くて、チケ発F5連打ババアは最前キメてきました。胃が痛くなるくせに先着だとつい最前入っちゃうんだよね。単純に自分の視界に他者が入り込むのが気に入らないだけです。でも記念撮影にばっちり写り込んでしまったので「こいつブスだな」って叩かないでください。知ってます!

 

チケットが先着だとどうしても大学生の時を思い出します。通っていたバンドが参加するイベント、キャパ200で一分完売がデフォだったので、マジでF5連打してましたね。バンギャを経た歴戦の勇者って感じのファンが多かったので、すごく鍛えられた感あります。

 

5月の舞台でご一緒する方にもご挨拶ができてよかったです。とても感じの良い方で安心でした~~~激しい人見知りなので本当に初対面が不安になります…うう…でもこれを機に同厨のお友達も少し増やしていきたいなあと思いました。

 

お話した内容の詳細はぽんこつな頭で断片的に書いていくことしかできないので詳細は記載しませんが…ただ、鯨井さんのことが大好きなことはすんごくつたわりました(笑)Bくんが楽しそうでよかったです。昼も夜も楽しそうだったし、お仕事に対する今後の目標とか、直近で決まっているお仕事への意気込みも聞けたのでこれからも応援しようって気持ちになりました。Bくんが好きなバンドにわたしの好きなバンドがいくつか出てきたので、バンドファンとしてうれしかったです。90年代邦ロックはシンプルで最高だぞ!好きなバンドがかぶるとオススメしたいバンドがたくさん出てきて困ります。大量のCD押し付けたくなるけど迷惑行為はおやめくださいって心の中の警備員さんが言っている。itunesとかでカードに購入した曲を入れて曲のプレゼントとかできたらいいのにな~一回聴いて好きだったら聞き続ければいいし、そうでもなかったらPCのメモリの片隅にでも入れてくれたらいいよ。でも最近は音楽再生媒体も種々多様なのでわかりませんよね。もはやmp3の時代は終わっていて、AWAとかLINE MUSICとかで聞いてるのかもしれないし。個人的に聴いているバンドがインディーズが多いのも合って使っているのはipod touchですが、今後追加で使うならAWAかなって感じです。関係ない話しました。

衣装も1部は可愛いカジュアルな感じ、2部はちょっとシックな若手俳優っぽいかんじでした。わたしは1部の方がすきだな~って思ったけど、周り見てると2部のほうが好評だな。カレンダーでもチェックシャツにサロペットのが一番好きです。

 

昨日からエクスペディアで香港行の航空券とホテルを調べているのですが、これ、国内じゃないですか?って気持ちでいっぱいです。とっても名誉な舞台に立ってくれるので、できれば初日入りたいなあって。一応海外生活したことがあるし、一人海外旅行がデフォのぼっち力高い20代なので、海外への抵抗感はそこまでないんだよね。海外の劇場ってお花送ったりできるのかしら。さすがにイギリスは高いのと時期的に外せない仕事が入っちゃうので行けないのですが。。。一人部署なのでそこはさすがにできないことはできない。

 

自分の中で、推したち二人に対する応援スタンスの違いが何となくわかってきたなあと思う次第です。それでいい。

 

全く内容のない楽しかったよっていう話でした。

 

 おわり

銀魂の実写が楽しみだっていう話を

5月の舞台を発券したら、結構いい席だったのでうはうはです。

 

わたし、性格が根っから悪いんで、自分で良番とった舞台の転売を見るのが好きなんですよね。バーカバーカ売れてなさすぎるだろお前本当にその席がその値段で売れるとでも思ってんのかよ転売厨乙ーーwwwみたいな気持ちで見ています。性格の悪さとお子様具合が前面に出てしまいます。

 

全然話は変わりますが、銀魂の実写化気合入りすぎじゃないですか?

wwws.warnerbros.co.jp

ワーナーさんはいろんなところでお世話になってるんですけど、ここのところぶっ飛んだことをされてますね!岸田教団のMVとか!

2.5次元に関しては舞台が主戦場のおたくとはいえど、2.5次元映画も二次元おたくとしてはある程度守備範囲内なんで、銀魂の映画化は決定から地味に見守っています。銀魂は世代ど真ん中なのでそれなりに思い入れもあるんですが、まあビジュアルの出来の良いこと良いこと。す、すごくないですか?ぶっちゃけこんなにキメこんでくると思っていなかったので、見るしか…ないじゃないですか……!

なんだかキャストさんたちがみんな楽しんで参加しているなあって印象がすごく強くて、もちろん真剣に芝居をやっているんでしょうけれど、ああー銀魂っていう作品に参加することを心から楽しんでくれているなあーって雰囲気を感じます。贔屓目かもしれないけど!こんな豪華なキャストをこんな全力でキャラに落とし込んでいったスタッフさんたちには敬意しかないです。だって主にメインキャストはみんな今では仕事も困っていないでしょう!ひさしぶりにマンガの実写化で「観たい!」って思いました。

 

実写化にも2パターンありますよね。原作に忠実にビジュアルを作り込んでくるいわゆる2.5次元タイプと、原作のストーリーとキャラクターの雰囲気は寄せるけれどあくまでビジュアルの主体は役者本人っていうタイプ。失恋ショコラティエとかは後者ですね。サエコさんこと石原さとみが素晴らしすぎてしばらく石原さとみが表紙の雑誌を買いあさっていました。ちなみにBくんも失恋ショコラティエ、チョイ役で出ていました。どっちもそれぞれの良さがあって、前者はやっぱり原作おたく的には嬉しいんですよね。もちろんちゃんと作り込んでくれたらですけど。より甘い作りだった時に反感が強いのも前者だと思います。後者は無難に一般受けが狙える分、原作ファンが敬遠しがちですよね。まあ好きならなんでもいいんですけど。

 

マンガの実写化ってたぶん二次元おたくたちにとっては永遠の課題だと思うんです。わたしもそうでした。ずっとなんだか苦手意識があって、今でもなんだかんだ原作に還ってしまうところはあります。だから、銀魂の実写化は、思いっきりできることを思いっきりやりきってほしいなあって思うんです。乱立している時代だけど、だからこそスタッフキャストついでに原作者が前向きに作品はいいなあと思う。ただただ消費される原作とは見え方が違うから。わたし勇者ヨシヒコの実写ドラマ大好きです。

キャスト発表の段階で、監督さんのコメントも、原作者の空地さんのコメントも、メインキャストさんたちのコメントも、ぜんぶ前向きだったんですよね*1。「真剣に取り組もうとしている」っていうよりも、「楽しみで楽しみで仕方ない」っていう雰囲気が伝わってきて、やっぱりそういう作品って受け手も楽しみになるじゃないですか。クソつまんなかったらズコーですけど。だからわたしはわりと銀魂の実写化は楽しみにしています。期待しています。超期待しています。頼むぞ!

 

若手俳優はあんまり関係ないけど2.5次元ということで。

意味のない話をしました。お疲れ様です。花粉がヤバイですね。

*1:まあ空知はなんか言ってたけどなんだかんだ楽しみなんだろうなって思った

ただの愚痴

モチベーションが上がらなくて推したちのチケット予約を流してしまった。5公演分くらい流した。もともと原作もまともに知らんのでしたが、仲のいい子に限って地方に住んでいて、一緒に来てくれる友達もいないのでまあいいやーっつって流してしまったよ…観たい舞台に限って取れなくて、興味はないけれど推したちが出ているからという理由で取っている舞台は余計なくらいとれる現象。

 

ところでペ●ステのチケットが二枚余ってしまいました。かつては当日券を求め人が行列を作ったこともあったそうですが、今や落ち目なのでしょうか。完売しているのが千秋楽だけなのです。誰か行ってやってもいいぞって人がいたら適当に連絡ください。手段はないけれど、ツイッターのどっかで同行者募集しています。二階席だし半額でいいよ。まだ残ってるって知ってしまった以上、空席を埋めるっていう目的すらも果たされないからお譲り先を探す元気もありません。

 

もともとあまり2.5次元っていうものが得意じゃないのかもしれないなあと今更感じています。そもそもわたしは重度の筋金入り二次元おたくなんですが、わりと二次元は二次元、三次元は三次元でくっきり境界を引いているのかもしれません。だから2.5次元に対して何を求めたらいいのかわからないんだろうなあ。2.5次元の舞台が取れなかったショックよりも、2.5次元じゃない舞台が取れなかったショックの方がでかい。先日観に行った舞台には、推したちは一人も出ていませんでした。知っている役者さんも一人だけ。全然2.5次元ではないです。特段知っている役者さんが好きだというわけではないのに、観終わったときにとても満足していました。不思議だなあ。要するにわたしはキャストよりも内容の方を重視しているのかもしれませんね。ああ~~~~~~~おたくとして終わってる~~~~~~~~~~~

はてブロ見ていると、楽しそうに推しさんたちのお話をする方のブログに救われます。素敵だなあ、って純粋に思います。

 

現場に行ってしまえば推したちが好きで好きでたまらなくなるんだろうけれど、いざ冷静になってみると、熱狂していた自分をつい冷めた目で見てしまう自分もいる。熱狂しているときのわたしは金遣いも荒いし、冷静な時のわたしは自動積立じゃない口座の残高を見てため息をつく。副業もできないし固定残業代なので増えることがない。どうしようもない。最近はもっぱら舞台に行かずにお昼ご飯を切り詰めて生活しています。とかいいつつA3!で課金しています。 これだからおたくはだめなんだ!

 

流したチケット代、取れなかったチケット代を、今月はエステに還元します。自分のことも愛してあげないと生きていけない。

 

広告を非表示にする

2017年1月観たものまとめ

毎月明けたら記録として書き留めていこうと思います。観劇手帳はただのチケット保存になりました。舞台のみではなく配信映画やDVD鑑賞も含みます。一年の最後にこのリンク総まとめ記事作っておいたらいいんじゃないかな!?っていう、続くかわからない企画です。備忘録兼記事にしなかったものの感想。赤が舞台(ミュージカル、朗読劇含む)、青が映画。色が違うところだけ見たらタイトルが把握できます!時系列。

1月

映画「リリーのすべて」(配信)

薄々勘付いていたけれど、わたし、海外俳優だとエディ・レッドメイン氏がたぶん一番好きだ。目と口の演技ですごく魅せる俳優さんだなあとしみじみ。見た目もゴリ好みです。とても美しいお話なのに、すんなりと落ちてこない感じがすさまじく良かった。

リリーのすべて をみた - 落ちた 感想文を年始に書いています。よろしければ!

 

映画「プラダを着た悪魔」(配信)

アン・ハサウェイがとてもかわいい。アンのぱっつんは超絶可愛いのに日本人がやると総じて超絶ブス感増すのはなんなんですかね?

わたしもバリキャリに対する苛立ちと憧れの間でさまよっている身なので、見ていて同感もありながらもそう進めない自分がいるだけにキツかった。ナイジェルの「ここで働く以上意識を変えねば」という言葉も理解できるし、意識を変えて確実にステップアップしていくアンディの姿もとても魅力的だし理解できるし、でもあんなクソみたいな仕事押し付けてくる上司はやっぱりクソだろ~~~!って思ってしまった。結果として身近な友人や恋人には見放されてしまって。でもあれって結局アンディが「ジャーナリストになるため」に頑張っていたはずなのに、気付いたらどこか意識の外に飛んで行ってしまった末の姿なんだろうなって思った。さいごになってやっとそれを思い出したのか、さっぱりと自分のキャリアを捨てて夢に進むことを決めた、そして決して円満な退社ではなかったはずの元上司からのとびきりの誉め言葉を受けたアンドレアは、わたしが憧れた姿だったのかもしれない。

 

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

レッドメイン氏の顔に宮野真守氏の声で漏れなく死んだ。レッドメイン氏のブリティッシュイングリッシュが好きなので字幕でも見たいです。リリーのすべてを見た直後に見ると「!?」ってなる。コミュ障変人感がすごくよかった。「久しぶりにレッドメイン氏が楽しい役やっていて嬉しい、ずっと悲しい役だったから」って洋画おたくの友達に言われたのめちゃくちゃ笑った。ジェイコブという「ノー・マジ(アメリカではマグルって言わないんだって!)」の存在がこのストーリーではすごくいい味出していた。いなくてもよかったのかもしれないけれど、一人魔法使いではないジェイコブが少しずつ状況を受け入れていって、みんなこうやって共存できたらいいのになあって思った。ストーリー自体もとても面白く、あくまでハリー・ポッターシリーズのスピンオフという形なので、ハリー・ポッターシリーズを全部は見ていないわたしでも十分楽しめました。魔法動物って夢があるなあ。匂わせて終わった箇所も多々あったので、たぶん続編もあると思うので超絶期待しています。ジェイコブもう出てこないのかな~~~;;;

 

映画「日本でいちばん長い日」(配信)

リメイク前のものを見ました。舞台のベースになっていると聞いて見た。戦争モノはいままで前線で気張っている戦士や民間人に焦点をあてたの映画しか見たことがなかったので、こういう「さいごの一日を過ごす官吏とその周辺」にスポットがいっていたのは初めてでした。新鮮。当たり前だけど終戦するにあたって走り回った人がいたんだなあ、みんな寝る間も惜しんで動いていたんだなあ、承認が必要承認が必要ってこの時期から日本の企業体質(政府だけど)って変わってねえのかな、とか思ってしまった。サラリーマン視点。モノクロなのに迫力がすごくて、大の男がおいおい泣く姿とか、表情とか、ものすごくリアリティがあってぞっとしてしまった。

 

舞台「赫い月」

Bくん主演舞台でした。知識と教養がないだけに情報量が多くて初回は頭抱えましたが、ところどころすごくグッとくる作品でした。複数回見て毎回違う見え方で、何回も見てよかったと思う作品。かわいい弟にしたいと何百回も呟いてきたBくんなのですが、今回は熱くてまっすぐな男だった。こんな芝居も出来たのか…!と衝撃でした。エムキチさんの舞台もっと見てみたくなった。

舞台「赫い月」を観た(ゴリゴリネタバレ) - 落ちた 初回の感想。

舞台「赫い月」感想文 - 落ちた 千秋楽後の感想。細かい考察等はこちらで。

 

映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」(DVD)

宅飲み鑑賞会で友人が持ってきた。ガルパンはいいぞ。画質とか演出とか音の使い方がすごくて、これは4DXだの爆音上映だの、満員にもなるわ…ってなった!ミリタリーはからっきしのわたしでも楽しく見られたので、評判だけじゃなくて面白い作品なんだな。カチューシャ可愛すぎ案件でした。

 

映画「KING OF PRISM by Pretty Rhythm」(DVD)

宅飲み鑑賞会で以下略。キンプリです。これは去年応援上映いってきたのである程度覚悟してた(何を?)んですけど、やっぱり面白いです。これのために女性陣は一人二本以上自分のペンラ持参してきたのです。劇場通ってた友人が合いの手完璧で笑いました。笑いすぎて話相変わらず理解できなかった。

 

舞台「弱虫ペダル 野獣覚醒」(DVD)

宅飲み鑑賞会。アンディとフランクのくだりが一番うけました。直也さんとえーじさんに絡まれる秋元くんとうえちゃんかわいすぎるからな。あと男性陣は車好きばっかりだったので、鳥ちゃんとミツさんのコント「外車あるある(命名わたし)」に「あるある」ってなってて「本当にあるんだ」って思った。

 

朗読劇「旅猫リポート」

 Aくんが日替わりキャストで出ていました。猫!猫!猫ー!ほっこりしてぐっときて、優しい作品でした。日替わりキャストだったので、そういう楽しみ方ができて毎回楽しかった。やっぱりキャストによってキャラクターって変わっていくんだなあとしみじみ。平日回にアフターイベントがあっておたく的には楽しかったです。博品館という場所柄、結構一般のお客様もいたのですが、アフターイベントの身内感は否めなかっただろうなあとは思う。まあそんなもんか~

朗読劇「旅猫リポート」 - 落ちた 細かい感想はこちらで。

 

思ったよりも数にすると大したことないですね!みんな見すぎじゃない!?すごいな!?

今月(二月)は舞台が一個しか決まってないのでぼちぼち面白そうなのに顔出してみようと思います。今週ちょっとプチ出張が多くて仕事忙しすぎて死んじゃいそうだよ!オフィスに3営業日ぶりに帰ってきたよ!あと今期はアニメが豊作なのでそっちで忙しくて映画も見られてない!!!アニメ、見てる方は何見てます?わたしはペダルと落語心中とガヴドロと青エクとクズは欠かさず見ています!

 

朗読劇「旅猫リポート」

朗読劇「旅猫リポート」へ行って参りました!

tabineko-leading.com

もともと有川浩さんの小説は若かりし頃(意味深)に好んで読んでいたな~と懐かしみ。今回は原作がありますし、赫い月ほど重苦しい考察はしません!ほっこりほっこり、とっても心の温まるお話。ストーリーに関しては小説が出ているのでそちらでもお楽しみください!

books.bunshun.jp

 

もう、自分の飼っていた犬を思い出してぼろっぼろ泣きました。最終的にタオルを顔から離せなくて(シリアスなシーンで音立てるのもあれだなあと思ってしまって垂れる鼻水がひどすぎた。汚い話すいません。。。)苦しかったです。すこしでも、こうやって、うちの犬でよかったって思ってくれていたらいいなあって思うと今でも泣けます。うちの犬はもともと飼い主だった祖母に先立たれて一年も経たずに亡くなりました。18年連れ添った祖母が亡くなって、みるみる弱っていく愛犬氏。理解していたのかはわかりませんが、寂しかったのかなあ。さいごの数か月、わたしはおばあちゃんの分まで君をちゃんと愛せていましたか。

それぞれが何かしらの後ろめたさを持ってナナを引き取る話を受けたのですが、やっぱりナナはナナで、サトルの猫ちゃんなんだなあ。自分の中でイメージを作りたくなくて原作を読まずに臨んだのですが、サトルがナナの引き取り手を探す理由が分かったときグワ~~~~~~~っと涙が出てきました。最終的にデッドエンドなのにしっかりハッピーエンドで、涙なしには語れない…あとノリコとちょい役をやってらっしゃったみやなおこさんのお芝居が素晴らしかった…出てくるたびにこの方は一体一人何役すんねんって思った、でもちゃんと、声でもしぐさでも演じ分けられていて、「このキャラクターはこんなやつ」っていうのがすっと入ってきた。てかみやさん54歳なの?母と同い年?めちゃめちゃお若くてお綺麗ですね…(母ごめん)

 

日替わりキャスト陣は今をそれなりにときめく各位って感じで、キャスト一覧を見て全然俳優さんに詳しくないわたしでも「あ、(名前は)知ってる人ばっかりや~」ってなりました。

わたしが行ったのは25日の昼公演(初演、ナナ:磯貝龍虎さん、サトル:鳥越裕貴さん)、27日の夜公演(ナナ:鳥越裕貴さん、サトル:碕理人さん)、29日の昼公演(ナナ:鳥越裕貴さん、サトル:伊万里有さん)でした。ご覧の通りです、彼がAくんです(突然の推し発表を繰り広げる2017年1月)全部Aくん事務所FCの先行でS席で取りました!ありがとう零-ZERO-先行!土曜日は月一定例おたくの集まりがあったので行きませんでした~! 

 

25日 昼公演

磯貝ナナはやんちゃな感じだった。それぞれのキャストの色が出て面白いです。鳥ちゃんと磯貝さんが並んだ時に思わず笑ってしまった(身長差)(磯貝さん圧倒的にでかいのに猫役)あとサトルがナナを撫でまわすシーンがあるんだけど、最後嫌になったナナ(磯貝さん)がサトル(鳥ちゃん)のお腹をボゴっとわりと力強く殴ってめちゃ笑った。地味に痛そうな音だったけど(笑)鳥ちゃん腹筋割れてるから大丈夫だろう。あと鳥ちゃん登場した瞬間おくつ見て「それ…マーチンの新作じゃ…」ってなって自分のマーチンおたく具合にも引いた。

初演のあと日替わりキャスト五人+田中稔彦さんでアフタートークがあったんですけど、なんか各位それなりに好き勝手喋っててもうあんまり覚えてません。谷くんがまじめな話してた。うえちゃんが当日19時からナナ役(ストーリーの進行役ということもあり、セリフ量がとてつもない)だったためド緊張していたのか全然しゃべってなくて、磯貝さんにつっこまれて「正直今しゃべってる場合じゃない」って言ってたのめっちゃ可愛かった。それに対して「よしじゃあアフタートーク19時直前までやろう!」って言い出す鳥ちゃん鬼畜か~!でも正直うえちゃんしゃばげの最中なのによく引き受けたな~…って思った。そういえばいまりさんとうえちゃん、靴下かたっぽおそろいじゃなかった?そしてやっぱりよくしゃべる鳥ちゃん、「楽屋でも一番うるさかった」って言われててかわいすぎか~…って思った反面、あのブログ見たあとだったので、空元気じゃないといいなあと思いました。あとキャスト5人のうち3人がマーチンでめっちゃ笑った(わたしもマーチン履いてた) 

 

27日 夜公演

さきくんのサトルは鳥ちゃんがやるよりも優しくて穏やかな印象だった。それに対して鳥ちゃんがやるナナはかわいい。ちょっとお調子者な小悪魔って感じだった笑

それなりにシリアスなシーンでも猫のぬいぐるみと戯れるナナが可愛くて可愛くてでも視界ちらついて仕方なかったわ!!!かわいいけど!!!!Y字バランスしたときは思わず拍手しそうになりました。鳥さん小ネタ挟んでくる。

アフタートークはさらっと自己紹介→ナナをやることとサトルをやることの気持ちの差。全然違うらしい。そりゃそうだよな…人生ままならないものだな!(便利な言葉)あと今回のカンパニーほとんど関西出身らしくてイントネーションめっちゃ苦労したらしい。「間違えてたよ」って言った谷くんが間違えてたからもうあいつのことは信じねえって言ってた(笑)

そのあと謎のイントロクイズ、3問やって0対1でさきくんの勝ちでした。最後の一曲がタイタニックの主題歌?で、鳥ちゃんとさきさんがタイタニックやり始めてめっちゃ笑った。鳥さん、「なんか面白いこと」をやらされる。わたしそういうの弱いから〜!ツボ浅いからやめて〜!

公演の中身には関係ないけど…となりのとなりのひとが劇中スマホで録音してて一言声かけたほうがよかったのかな〜…って後悔してます。人挟んで声かけるのも憚られたっていうのもあるけど、それを見逃してしまったことはわたしの責任だ〜…最低限のマナー守って、気持ちよく観たいな。

 

29日 昼公演

いまりさん小顔でスタイル抜群でただただイケメンだった…高校の友達に似てます。モテモテだったやつ。

わたしはこの回がいちばん好きでした!いまりさんのサトルが思ってたよりもわたしのイメージに合致していて、「ああこれ!こんな感じ!」ってなった。いまりさんって意外とネタもいけるタイプなんだね!?最初こうちゃんに手をぶんぶん振るサトル、完全にワイパーでした。その茶目っ気とシリアスシーンのギャップがすごくてぐいぐい引き込まれました。

あとたぶんだけど、直近で長い共演があったからか、二人ともなんとなくやりやすそうだなあと思って観ていた。鳥ちゃんのナナはやっぱりすごく泣かせる…鳥ちゃんも泣いてた…今回もY字バランスしてた。 

トリプルコールの挨拶がかわいくて仲良いなあと思ってしみじみしてしまった。

リピータ特典自引きできて幸せだ〜爆死したトレブロ交換出すか〜

 

るひまのチケット先行全滅してるのでほんと来月観劇予定がない!!!!!!!!!一般頑張る…頑張るぞ…

 

 

おわり!