落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

愛してきたものに救われる日々だ

岸田教団&THE明星ロケッツ 『LIVE YOUR LIFE』

LIVE YOUR LIFE

LIVE YOUR LIFE

  • 岸田教団&THE明星ロケッツ
  • アニメ
  • ¥2400

 

natalie.mu

www.barks.jp

skream.jp

 

大好きなバンドの新しいアルバムが先日発売になりました◎

バンド名が「岸田教団&THE明星ロケッツ」になってから先日10周年を迎えたバンドですが、わたしが出会ったのは6年前の夏。きっかけはナノウムゲンフェスという、まあ、わたしが追いかけていたバンドマン主催のフェスでした。アジカンのNANO-MUGEN FESに影響されてるよ。

ナノウ (・xW)-MUGEN FES. (@nanou_fes) | Twitter

ライブイベントスケジュール|吉祥寺CLUB SEATA

このJUDGEMENTというバンドのボーカルichigoさんが、岸田教団のボーカルさんです。ちなみにJUDGEMENTのベースのイガラシさんと優しくして♪のドラムゆーまおさんは、いまヒトリエやってる人です。知ってる人は知ってる。

ichigoさんはとってもパワフルな女性で、とにかくかわいくてカッコイイ。見た目ももちろん生き方とか考え方とかすごく好きで、わたしはたぶんこのichigoさんに影響されている箇所がたくさんある。他のメンバーについては実はあんまり知らんのだけれども、ギターのはやぴ~さんは本職イラストレーターの機材厨だし、ベースの岸田さんは捻くれた総帥だし、ドラムのみっちゃんは変態ドラムです。みーんなゆるくそれぞれの生活を楽しんでいる感じがすごく好きです。

曲の解説はぜんぶインタビューでされているので割愛しますが、もーーーーーーとにかくめーーーっちゃくちゃ心に馴染んでくる素敵なアルバムだと思います…聞きながらべそべそしちゃう。ああ、わたしの生き方って間違ってないのかもしれないなあって気持ちになれる。ちなみにわたしはlife logisticsで「あっ好きだ~」ってなったのですが、これにグッとくるのはサブカルらしいです。わざとグレッチ使ってわざと音質の悪い仕上げにしてわざとガレージな雰囲気だして、それでサブカル釣ろうってんだからまじで岸田さんちょう性格わりいわ!!!!!!!!!!!!悔しいけどこういうひん曲がった曲が好きです。しょうがないよね、下北沢に通ってたんだもん。

表題はリードトラック「LIVE MY LIFE」の1節です。

www.youtube.com

わたしは普段、syrup16gやCIVILIAN、ART-SCHOOL椿屋四重奏あたりを偏って聴いていることもあって(ああもうこの時点で完全にサブカル女のできあがりだな?)やっぱりこのバンドたちの歌って言葉の力が強くて、歌詞にひきずられちゃうんだよね。でも岸田教団の曲は\バーーーーン!/\スコーーーン!/\シャーーーーン!/\キュイーーーン!/って感じできもちーーのです。もちろん日本語の歌詞なのですが、使う言葉が肌に合うというか、いい感じに上にすっと持って行ってくれる。決して「みんな笑っていこうぜ!」っていう感じの歌詞ではないのだけれど、「私こうやって生きてっから!それで楽しいよ!」って感じなので、わたしの生き方も認めてあげてもいいかもしれないって思える。

自分のことをもっと認めてあげようっていう気持ちと、自分のことが嫌で嫌で仕方のない時期が わたしのなかであって、どちらも発生源は自己評価の低さから来ているものなのだけれど気持ちの向き方次第でこんなにも気分が違うんだよね。

 LIVE MY LIFEの歌詞、読んでたら自然と涙が出てきた。

毎日を過ごす中でどうしても納得いかない、受け入れられない嫌なことって結構あると思うんだけど、それが「ああ!いやだ!」とか「もうだめだ…」とか思ってべそべそしていても、なんだかんだ大好きなモノ、コト、ヒトにすっと心を掬われたりなんかして、拾われたりなんかして、「愛してきたものに救われる日々」なんだなあって感じている。 死にたいほど嫌なことがあっても、殺したいほど嫌いな人がいても、それでもまだ生きているのは、きっとわたしが愛したものにわたし自身が救われたんだろうなあ。

自分の人生を振り返って、あのときああしていれば、あのときこうだったら、なんていうのは日常的に思うことだ。今と違う選択をしていれば、きっとこんなことにはならなかった。あのときあっちに行っていれば、きっとわたしはああだった。そう思っちゃうことがたくさんある。何度だって後悔した。何度だって泣いた。それでも、LIVE MY LIFEを聴いた時、あのときあの選択をしたから今愛しているものを抱きしめられるんだろうなあなんて思ってしまった。たぶんだけどichigoさん自信もたくさん悩んできて、何度も考えてしまったことで、でも今までの選択を後悔していないんだろうな。そう生きてるよ、そうやって認めてあげてるよ、その一言がわたしにはすごく心強い。わたしも、いまわたしが大好きなもののために、自分の過去の選択や行動を認めてあげたいなあと感じた。

 

何でもないただの感想文です。

いますごく精神状態が良いのですごくきれいなジャイアンみたいな気分です。 

 

おわり