落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

舞台「黒薔薇アリス」、二回目を見るのがすでに憂鬱

なんだかすごいものを観てしまった気がしたので初回の衝動を書き留めておきます。最近批判しかしていなくてもっと素直な気持ちで舞台見たい助けて!たぶんもっとひどい舞台もたくさんあるんだろうけど!ツイッターエゴサしたらわりと好評でわたしはびっくりしました。

 

13日の土曜日、六本木ブルーシアターにて。マチネ。

よし!とりあえず褒めるぞ。よかったところをあげます。偉そうだな!

・ビジュアルの出来はなかなか悪くなかったと思います。特に宣伝写真。

・アニエスカの衣装が素敵

・ライトの演出はとても綺麗でした。

・キャストそれぞれの芝居は違和感がなかったし、配役も間違ってなかったと思います。

・アンサンブルがんばってたね!

・推し、真ん中分けメガネキャラ多すぎ(褒めてない)

以上!なので演出的な面ではそこまで批判するつもりはありません、はい。

 

まず鑑賞云々の前から感じていた不満をご紹介したい。前提としてチケット代金は「静寂館シート(オリジナルクリアファイル+良席保証)」8500円(+手数料)、「S席」6500円、「A席」4500円です。たぶんSとAも手数料はあるので、全体的に+1000円くらい。まあ、あるよな。ちなみにリピチケは静寂館が6000円、S席が4000円です、なんという破格!!!!!!!この前売りで買った勢を全力無視していく姿勢、もはや制作がかわいそうに思えてきます。思ってないけど。特典のクリアファイル溜まりすぎて使い道ないからいい加減別の特典考えてほしいっていうのはこの際置いておきます。

 

①公式サイトがびびるほどダサい

ホームページビルダーか!?ってくらいださいです。これならわたしの方がまともなデザインできる。配色、フォント、文字の効果、どれをとってもダサい。プロのやる仕事じゃない、まじでビビる。これが報道向けに制作発表をした少女漫画舞台のサイトでいいのか?ダサすぎる。全然黒薔薇じゃないし全然アリスじゃない。世界観ぶちこわし。ゆるふわビッチOLとかのタイトルのほうが合う。なんだよ影付き文字って!小学生の作ったパワーポイントかよ!今時小学生だって本文に影なんかつけないわ!しかもピンクの背景に赤字に白の縁取りってなんなの、読みにくい上にダサい!是非ご覧ください!

②特典付きチケット後出し問題

まあこれもありがちだしご想像の通りなので沈黙。出たときは「ああ売れてないんだな~やっべーんだな~」って思ってました。ただS席以上限定で10回のリピーター特典が「メインキャストと記念撮影」なのはマジで気が狂ったのかなって思った。全通特典じゃないだけマシか。いやマシじゃないわ。なんだよS席以上って。

③アフタートークのゲストが意味不明

他のチケットが売れてないであろう舞台から出演者引っ張ってきて客寄せパンダ兼宣伝の場に使うのやめてください。ゲストを出すならメインキャストを多めに毎回出してください。ちなみにアフタートーク出した時点(公演まで約10日前)で5列目センターのチケットは普通にとれたそうです。やばみ~!

④異常なミツさん推し

アフタートークを発表した直後、ほかのゲストさんもツイートしている中で最初に最終日の充さんばっかりツイートしたりタグ付けたりするの、いくら結婚報道が出た直後だからってやめてください。客寄せパンダじゃありません。

 

 

---ここからは舞台そのものに対する不満、ネタバレあり---

 

 

⑤そもそもキャラが合わない

メンヘラ男たちとサークラ女の劇を見せられている気分でした。これは原作が合わないっていうだけなので舞台の文句じゃないのかな?でも登場人物が誰一人として好きになれなかったのってスゴイ。結局アリスというか、中身の梓さんがアニエスカの魂として用意されたのは何の意味があったの?梓さんである必要性を全く感じなかったです。推しのキャラは非常にひどすぎて真顔でした。

⑥登場人物(特にヒロイン)の心情の移り変わりが意味不明

ヒロイン受け入れるの早すぎる割には優柔不断だし、命をかけて救ったネアカ男が引きこもりメンヘラストーカーになったらそれはそれで跳ね除けるし、そのくせヤって朝帰りするし、その他いろいろあるけどゴミみたいな人間関係を見せられていた。そして「おまえいつこのモラハラDV男好きになったわけ?」ってくらい唐突にヒロインとヒーローがくっついて、さっきまで繁殖!女!男!子宮!誰とでもセックスしてやるわよ!やっぱ優男くんとはそういうの無理!でもヒーローはデリカシーない!ホント無理!かと言ってその他も無理!とか言ってたくせに突然ヒーローに「あなたと繁殖する!」って言い出して、何言ってんだこいつ?って感じでした。持ちかけた「課題」も結局一個で終わり。それから瞳子さん。どの段階でどんなことをされてレオを「ちょっと好き」になったのか意味不明。大した交流もなく突然そんなこと言われても、成り上がりのモブが一夜の過ちに酔いしれているようにしか見えませんでした。いっそ「レオさんのことは好きでもなんでもなかったけど、わたしには成し遂げたいことがあったから」くらいに言ってくれた方が清々しくて良かったです。これは原作に対する愚痴か。とにかく瞳子さんはマジでもう少しちゃんと描かれるべきだった、さもなくばここまででしゃばる必要はなかった。原作でどう描かれているのかは知らないけど

⑦ゲストが無理やり組み込まれた日替わりネタ

当日の朝に合わせるくらいなら入れないでください。推しががんばってたからわたしもがんばって笑ったけど正直意味不明でした。

⑧そこそこ重要なキャラのモブ感

さっきも言ったけど瞳子さんのモブ感はんぱなさすぎる。もうすこし何とかならなかったの?

⑨細かい音の演出が物足りない

セットが露骨にチャッチイので、せめてそこを音の演出に頼ってほしかった。例えば「洋館」なのに扉を開けても何の音もしないの、なんだかちゃちさが際立っていました。小さなことだけれどそれだけで世界が壊れると思うんだけど。

 ⑩一昔前のおたくの妄想多すぎ

後ろからハグ、手の甲にキス、イケメンとのギシアンなど、とにかくわたしは何も考えないロボットになりました。ヒロインが精神的にひ弱な少女漫画原作はもう観ない方がいいな~って思いました。

⑪物語における双子の立ち位置が不明

最終的に共倒れしたと思ったら復活していて笑った。

⑫で、結局描きたかったテーマはなんだったの?

タイトルにある通り、原作はおそらくヒロインを「不思議の国に迷い込んだ少女」として扱っているんだと思うんですが、それで?っていう感じでした。誰もが「子孫を残すために繁殖してるんだ」みたいな感じで、なのに最終的にアリスは「自分をかき乱すからディミトリを選ぶ」。ディミトリは知らない間に(観てるこっちも知りませんでした)梓の入ったアリスを好きになり…なんて、都合がよすぎるですよ。何をテーマにした作品なのかよくわからなかった。24にもなるとある程度愛♡だの恋♡だの好きな人ととの愛のあるセックス♡だのウッゼって思ってしまうんだけど、結局それらが美化されすぎてるなあって思った次第です。この手の物語って、愛や性を美しく捉えている人じゃないと「素敵♡」ってならないと思うんだけど、そういう層に対して夢を見せたいのか、愛や性に対して非日常を感じない層に対して現実の小汚さに美しさを見出したいのかわけわからなかったでーす。

 

全体的に雰囲気映画ならぬ雰囲気舞台だったと思うんだけど、どう?

若手俳優ファンのそこそこ金がある層の女おたくに媚を売る舞台にするには作品を間違えたかなー!って感じだし、原作ファンの女おたくに媚を売る舞台にするには性に対して露骨すぎるというか、舞台上でのキャラの魅力がなさすぎたかなー!って感じだし、女優さんファンに媚を売るにはイメージ壊しそうな単語連呼させすぎたかなー!って感じです。入来さんがどんな路線で売っているのかは知らんけど。わたしが払ったチケット代は、きっと衣装と宣伝写真、お昼ご飯に使われたんだ!そうに違いない!

突然ですが舞台の公式垢、いつまでアイコンを原作にしておくのかな?と思い、「いや、むしろ2次元の舞台版だからと言ってアイコンが舞台なのはあたりまえなのか?」という疑問がわき、そこで検索しました。

舞台 ツイッター - Google 検索

3ページまで見てみたけど原作をアイコンにしている舞台ないんだな~って新たな発見がありました。ありがとう!知見が広まったよ!せっかくビジュアルが良いのに全然それを生かし切れていないっていうか。もったいない。公式サイトもぬりつぶしだしね。

 

そんな気持ちで千秋楽を観てこようと思います。またなんかあったら書くけど、これ以上何も思えなかったら黙ろうと思う。「良かった!」っていう人は具体的に何が良かったのか記事書いてください。あと心情の変化を解説してください。原作もストップしているし推し死んだから推しのいる続編はまずないと思うので、円盤は買いません。チケットも2公演にとどめておいてよかったと思っています。

あと関係ないんですけど良席って保証じゃないの?保障なの?守ってどうするの?>公式サイト

 

 

おわり