落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

UNHAPPY BIRTHDAY TO ME!! 35!!@吉祥寺CLUB SEATA

 

 

 

 行ってきました!

6月1日、主役のichigoさんの誕生日当日 吉祥寺CLUB SEATAにて。はっぴー!

30歳になった年からほぼ毎年のように繰り広げられる、誕生日の主役本人によるfuc*n agingをテーマにしたイベントです。ここしばらくはアコースティック調のライブが多くて、それはそれでしんみりしっとりしっぽり聴けて幸せなんですが、今日みたいなロックテイストのライブはやっぱりichigoさんの良さが前面に出ていいなあ!って思いました。あんはぴ、たぶんほぼ皆勤賞じゃないか!?

 

出演者兼主催者の基本情報:ichigoさん(35)←笑うところ

ULTRA SHEEP所属。「岸田教団&THE明星ロケッツ」のボーカル。2009年~同人バンド「ジャッジメント」にてボーカル。

 

わたしとichigoさんの出会いからお話しようかな(^ω^)!

前にも何度か、過去の記事で言及したことがあるのだけれど、もともとずっと好きだったet nuという同人バンドがいました。いまでも解散はしていないけれど、ほぼ事実上の活動休止になっているバンドです。et nuは2010年~2013年ごろ、もっとも活動的でした。そのet nuのフロントマンであるナノウさんが主催で行ったライブイベント「Nanou Mugen Fes. vol.1」が、2011年8月、吉祥寺CLUB SEATAでありました。

もともとet nuはそれぞれのメンバーがそれぞれの本職を持っていて、決して頻度の高い活動を行うバンドではありませんでした。だからet nuが出る!となって、わたしはいそいそとチケットを取りました。

そのイベントで対バンしたのが、ichigoさんのいるジャッジメントでした。

ichigoさんは、その日のステージで完全にわたしの心をつかんでいきました。どこか民謡を思わせるような力強い歌声、無邪気で素直なMC、年を感じさせない可愛さ、それでいて頼りがいを感じさせる男ファンに負けないくらいのかっこよさ。そんなichigoさんに、わたしはもう釘付けでした。ジャッジメントが作る音も、わたしにとってはドストライクで、もうなんだろう、好きにならないわけがなかった。ステージが、キラキラしていました。わたしはこのときに本当に人生が変わったって思っています。

ライブが終わってすぐCDを買って、もちろんジャッジメントも同人バンドなのでそこまで活動頻度は高くありませんでしたが、そのあとにあったライブはほとんど全部いったんじゃないかなあ。わたしは2012年の夏から一年間留学に行ったのですが、直前のライブで「一年留学で来られないけれど、また観に来てもいいですか」って聞いたら、ichigoさんが「もちろん!いつでもまってるよっ」って言ってくれたのを覚えています。何聞いてんだって感じですね。

でもね、そのあとジャッジメントは、ライブをやらなかったんです。単純に理由としては「それぞれの活動が多忙化したから」だと思います。別のバンドでメジャーデビューしたとか、そういう。ライブだけじゃなくて、そもそもの活動自体をしなくなって。

わたしにとって、たった一年足らずの時間を共に過ごしたバンドだったけれど、ジャッジメントは大切なバンドでした。今日にいたるまでの6年、つらいこと、かなしいことがあったときにはいつも聴いていました。愛犬が亡くなったときに寄り添ってくれたのは、ichigoさんが愛猫をなくしたときに書いた「みずいろ」だった。会いたいのに会えない人への気持ちが募って募って仕方なかった時に寄り添ってくれたのは「ジュリエット」だった。ほかの曲にもたくさん思い入れがある。あのとき、ああいう気持ちで聴いたなあ、ああいう場面で聴いたなあ、っていう思い出がたくさんある、そんなバンドでした。ちなみにわたしは「ジュリエット」が好きすぎてイタリアのヴェローナにあるジュリエットの家に行って手紙を置いてきました。読んだなら教えてほしい、約束の忘れ方を、いますぐに。

だからずっと活動していなくて、もちろん岸田教団のボーカルとしてのichigoさんには何度も会いに行ったんだけど、やっぱりさびしかった。岸田教団も、キュイーンとしてテンション高くて楽しくて好きなんですよ。でもジャッジメントはキラキラしていて、夢のような世界が見えるんです。見える世界が違うから、それぞれ好きなんです。

当日になるまで、ichigoさんが書いた「JUDGEMENTのこと」のnoteを読みました。

note.mu

あたりまえのように号泣して(笑)ちゃんと、ichigoさんにとっても大切なバンドなんだなっていうのが伝わって、勝手にすこしだけ気持ちを共有できたような気がしました。うれしかった。

そんな経緯もあってジャッジメントの音源はもう手に入らないんですよね。だからすすめたくてもすすめられなくて、CD貸したいけど会えない人もいて、どーーーしよーーーーって思ってたんですけど、こうして公式で無料アップロードしてくれてうれしいです。ぜんぶ音源もってるけどいやだなんて微塵も思わなかった。布教用に買いたいくらいだけど!もっともっと知ってほしい、たくさんのひとに愛してほしい、そういうバンドです。

余談ですが、わたしが好きになるのって毎回副業バンド(言い方悪いかもしれないけれど、他にメインで活動している仕事を持っているメンバーが集まったバンドを勝手にわたしがこう呼んでいます)ばっかりすきになるから、だいすきなバンドに限って事実上の活動休止してるぜ!かなしいな!

 

 前置きが長くなりましたが、まあ、とにかくわたしにとってはとても大切なバンドでした。だから今回開催するにあたって、ichigoさん本人から「ジャッジメントをおおめにやるよ!」って聞いて、いてもたってもいられずe+にはりつきました。20番だったけど、ちょうど下手があいていて最前に入れました。サウンド的には後ろにいたほうがいいんだろうけど、わたしは前で見たかった!!!!!

 

 

今回のセットリスト。()内は元アーティストです。

1.天鏡のアルデラミン(岸田教団)

2.ケモノノダンス(岸田教団)

3.Night Owl(岸田教団)

4.ACE OF ACE(UVER world)

5.感情のピクセル岡崎体育

6.カリソメ(豚乙女)

7.ことわり(ジャッジメント

8.蜘蛛の糸(ジャッジメント

9.不完全ラヴァーズ(ジャッジメント

10.ソラネ(ジャッジメント

11.loop.(ジャッジメント

12.にんぎょう(ジャッジメント

13.オトメユウレイ(ジャッジメント

14.noise(ジャッジメント

15.ジュリエット(ジャッジメント

16.クオリア(岸田教団)

17.circus(岸田教団)

18.CROWN PIECE(ONSEN PROJECT)

19.count4(岸田教団)

20.vivid snow(岸田教団)

21.HIGHSCHOOL OF THE DEAD(岸田教団)

22.GATE~それは暁のように~(岸田教団)

23.東京メリィゴゥランド(ジャッジメント

ふつーだったらありえないセトリでした。笑 ichigoさんの「歌いたい!」がめっぱい詰め込まれた、おなかいっぱいのセトリ。曲間のつなぎは完全に無視でしたが(笑)

 ステージに上がったichigoさんは、誰よりも幸せそうで、誰よりも楽しそうな顔をしていました。わたしあんまりライブレポって(興奮しているからか、すぐ何が起こったのか忘れちゃうから)得意じゃないんですけど、とにかくさいしょからさいごまで、CLUB SEATAは幸せに溢れていました。ジャッジメントのパートはもう泣きすぎて意味が解らなくなってましたが、うれしくてうれしくて、もう胸がいっぱいでした。

HOTDではやぴ~さんに腕踏まれてうれしかった…とか言ったらへんなひと扱いされるんでしょうか!?でもすきなバンドマンに踏まれるのってうれしくないですか。わたしだけか。

正直はやぴ~さんもイガラシさんも、もうあんな至近距離で見ることはないだろうし、も~~~~それはもうめっちゃ見ました。ゆびのうごき、いみわかんなかった~はやぴ~さんはアミューズメント力がつよいです。

さいごさ~ichigoさんさ~目をうるうるさせながら「まだないてない!」って叫んではけていくからさ~せっかく幸せな笑顔でわたしは終わった!っておもったのにもらい泣きしちゃったよね~…だいすきだよ~

おわったとき、「ああ、しあわせだな」って思った。しあわせってきっとこういう気分のことだなあ。いまでも、気持ちがふわふわしています。でも、わたしは昨日、ichigoさんを世界で一番幸せなひとにした自身があります。あの空間で、あの場所で、あの場所にいたみんなで、ichigoさんのために幸せな時間をつくったんだ~って胸を張って言える。もちろん、ichigoさん自身にとっても元気と幸せにしてもらったからできたことです。

ひさしぶりに現場はいって心から満足して帰れた。ichigoさん男性ファンおおいし、わたしが最前にいたから仕方ないけど、うしろのおとこのひとがすごく小刻みに震えてたのが体にあたってきになってしかたなかったけどwなんでそんな小刻み!?ってなったw さすがにHOTDからのGATEはお腹に柵がのめりこんでくるしかった…

せかいでいちばんの一日をありがとうございました、そして、せかいでいちばんの一日を過ごせてもらえてたらうれしいなあって思います。

 

HAPPY BIRTHDAY TO YOU!!!!!!

 

ジャッジメント、きっとあなたが感じるまいにちのささやかな苦しみに寄り添ってくれる、やさしい曲だとおもいます。きいてみてね。

soundcloud.com

 

あ、集合写真はイガラシの真後ろで、頭に沿うように写っている腕がわたしです。

 

 

おわり。