落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

NINAGAWA・マクベス スペシャルトークショーに行ってきた話をします

イベントに行ってきました。以上です。嘘です。書きます。

 

今回伺ったイベントは、事前に公演のチケットを購入していた人限定で、抽選で80名のみのこぢんまりしたイベントでした。出演は推しBと共演者の若手くん、制作担当の方の三名。制作の方は司会進行役なので、正確には推しBと共演者くんでした。

 

今回の舞台は2.5次元でも小劇団でもなく、昨年亡くなった某世界的演出家の一周忌追悼公演という形です。いやもうタイトルで名前出てますけど!主演、世間の誰もが知ってる舞台役者さんです。とんでもねえ公演に紛れ込んだな!と思いました。会場はキャパは800行かない程度なのですが、「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれているらしいです。なんだそりゃ~!

 

ということで、ホリ○ロさんから案内メールが来て即応募したわけですが、当選してしまったので行ってきました。何かの間違いかと思って当選メール5度見してしまった。

検索かけたらぼちぼち落ちてる人もいたので運が良かったなーと。落選者にはメールいかないみたいだったので忘れてる人も多そう。

イベント概要は「香港公演報告会with特製スイーツ」って感じでした。特製スイーツとは、劇場併設のレストラン*1のシェフが今回のイベントのために作ってくださったスイーツらしいです。やべえな。マンゴーゼリー?と抹茶のロールケーキでした。わたしは猛暑の元で生クリームを食べる自信がなかったのでマンゴーゼリーを頂きました。フルーツがマンゴー以外にもゴロゴロ入っていて、甘さ控えめで美味しかったです。ごちそうさまでした。・・・・・・え、これ、無料でいいのか!?

 

10時半受付開始(身分証とチケット、そしてこのメールを提示してね!)、11時トークショースタート、その後舞台制作の見学、チェキ会で終わり!とだけしか案内が来ておらず、それ以外何もかもが謎なイベントだったので10時過ぎに着いてトイレとか済ませておこう~と思って行ったのですが、待機する場所も受付場所も案内がなくて、とりあえず会場に一番近いベンチに座っていたら勝手に人が集まってきて待機列と化してしまいました。いまこれで「おまえあいつか」と特定した同担!ぬるおただからこれからよろしくな!整理番号もなにもなかったので、公式から案内されないのは困るよね。まあ下手に案内すると始発組とか出てきそうですが。整番制が一番平和ですね。恨みっこなしです。ただ外で待ってた子は謎すぎました。オープンにしている施設もある劇場なので、別に入っていいんだぞ…

入場は数分押しての開始になりました。一番…というか、わたしがいたところにしか人がいなかったからか、スタッフさんがこちらに向かって案内し始め、気付けば公式待機列になってしまって思わず笑いました。おかげさまでいい席で見られました。

 

ぽんこつなので話した内容は全然覚えていないんです(前も同じこと言った気がする~!)が、とにかく共演者の竪山くんと推しBが二人で作り上げてきた二人の演じるキャラクターを舞台で見るのが楽しみで仕方ないです。

トークの内容は面白おかしい話から真剣な舞台の話まで、とてもいい話を聞けたな~って気分で帰りました。推しB、5日間の6月の香港遠征でTシャツ一枚しかもっていかないの、やめた方がいいよ!推しBにとっては初めての海外公演で、未知に未知を重ねる日々だったそうです。でも現地スタッフのワンさんがとても頑張ってくださったらしく、無事公演を終えられた、とのことでした。改めて、舞台って裏方さんなしでは成り立たないなあと思いました。今回のトークショーでワンさん人気者でした。ワンさーん!見てるー!?(裏方の現地スタッフさんなので、客席側は誰もワンさんを知りません)

 それから、香港と日本の違い…ということで上げられていたのが、「客席が素直に反応すること」だそうです。あと笑いのポイントも違ったようでした。全然笑うシーンじゃないはずなのに\どっかーん/と笑いが起きたことが2,3回ほどあったみたいで、不思議ですよね~。でも日本だと、「笑うところか微妙だけどなんか面白い」ところだと結構控えめに笑うか我慢するかじゃないですか。そこも遠慮せず笑うのは、やっぱりスタイルの違いなんだろうな~。公演中あまりにも笑いが起きるものだから、「これ、シェイクスピアの四大悲劇のひとつだよね?」なんてキャストさんたちがざわついたんだとか。ほんまやで。

ただ香港の人がスタオベするのって珍しいことみたいで、香港公演千秋楽でのスタオベ+唸るような歓声は、本当に舞台が評価されたんだなあってしみじみしました。えーん。元英国領でたぶん日本よりもシェイクスピアは身近なものだと思うのですが(勝手な妄想ですが)、そんな香港の人たちに日本式マクベスが受け入れられたのはとても感動的だなあって思いました。ちなみにキャストさんのセリフは日本語で、英語と広東語の字幕がついていたそうです。

 それ以外にも他の共演者さんで最年少の子がすごく肝が据わっているっていう話だとか、稽古中蜷川さんを感じる瞬間だとか、稽古の話だとか、いろいろと教えてくれました。

そうそう、蜷川さんの舞台って稽古時間が短いらしくて、最初のうちは本当に2時間?とかしかやらない日もあったらしいです。それでも濃密で、そんな稽古に推しBは最初のうちは稽古時間が短いはずなのに終わってから具合悪いと感じる日も多かったようでした。それを感じなくなってようやく精神的に余裕が出来てきたそうです。もともとSNSは一日1ツイートすればいい方な推しBですが、それ以上にツイートがめちゃくちゃ減ったのも納得です。でもその分、今までの舞台稽古では学ばなかったことをたくさん得られているみたいで、なんだかすごくゾクゾクします!稽古着から考え直したそうです。このことはぽろっとこぼしただけでしたが、個人的に衝撃だったので覚えています…共演者の方がとにかく大物ぞろいなので、今まで自分がいた世界とは全然違うものが見えているんだろうなあ。今までの公演もぜんぶぜんぶ大切な経験ですが、今回の稽古がそれを踏まえた上でより高みに行くきっかけになったらうれしいですね。

 長くなってきたな!もうあんまり思い出せることがない!推しB、おみやげには白花油を買ったらしいです!竪山くんによると香港は飲茶とお茶がめちゃくちゃおいしいらしいです!夜中に電話で二時間くらい話しちゃう竪山くんと推しBかわいい~熱心だな~二人は兄弟役なので、関係性についてすごく真剣に語り合ってきたらしいです。コミュニケーションだいじだね。

 

本番開始まであと三日ですが、一層楽しみになりました!わたしの初日はもうちょっと後ですが、ソワソワしますね。久しぶりの推し事!

 

 

おわり。

*1:コースで出すカジュアルイタリアン