落ちた

どうやら若手俳優とバンドマンが好きらしいです

クソリプ論について話します

blogos.com

こうやって受ける側が発信してくれるのって意味があるな~と思ったので。クソリプおじさんにはなりたくねえなあ!

推し二人はフォロワー10万前後なのでこちらの倉持さんに比べたら母数が少ない分クソリプも少ない。あまり性差の話をするのは好まないのだが、倉持さんは「女性グラドル」という職業上どうしても特に異性から性的なコメントをされることだって多いだろう。先日ツイッターから姿を消した声優の上坂すみれ氏についても、きっと同じことが言えた。まあ、すみぺに関しては声優という「性」を表に出す職業ではないのにこういうことが起こってしまったのだから、加害者(クソリプおじさん自体は刑事責任は問われていないけれど、わたしは十分それに値すると思っている)については本当にばかやろうとしか言いようがない。傍観していた者としては「そんなこと言われないとわかんないのかよ」って思っていたのだけれど、「言われないとわからないんだな」ってこのコラムを読んで思った。そしてこのコラムについてツイートした倉持さんご本人のツイートにクソリプがついていたことはもうなんかギャグか?と思った。世の中には頭が悪い人が多すぎる。

クソリプおじさんも良かれと思ってリプしている」場合が一番難しいけどね。好意を素直に受け取ればいいこともあるし、逆に「余計なお世話だ」と思われてしまうこともある。その匙加減がコミュ力な気がする……(コミュ力0人間)にしても倉持さんがご自身のメンタルを守るためにクソリプおじさん図鑑作ったんだって思うと苦しくなりますよね。なんでご自身で守らないといけないんだって気持ち。ネットリテラシーの問題じゃなくて、社会的な常識の問題だよね。

 

でも、秋葉原でイベントをやりますって時に「高円寺でやってよ」って言われると「中央線乗ってくれよ!御茶ノ水で乗り換えてよ!」って返したくなります(笑)。 

君のためなら高円寺から秋葉原までの30分も惜しくない、と思わせるタレントにならなきゃいけないんですけどね。 

イベントは北海道や九州、台湾なんかから来てくださる方もいるんですよ。飛行機代にホテル代、それに加えて決して安く無いイベント参加費も掛かってしまう。それでも数時間や数十分、イベントによっては数十秒の為に会いに来てくださる。 

そんなこと、親でも恋人でもなかなか出来ることじゃないと思うんです。そういう方々の有り難みを噛み締めながら日々活動しております。 

 

貴重な時間とお金を使って現場に来てくださっている方と、何もしてないけど応援していますって方との態度が同じだったら失礼になる。お金を1円でも払うことの重さ。ファンとは何か。「応援している」とは何かってことなんです。 

別に何十万、何百万と払った方だけがファンって言いたい訳じゃありません。申し訳なくなってしまうので、むしろ複数購入は避けて欲しいと思ってます。だから遠方でイベントに来れなくたって、雑誌を購入したり、読者アンケートに協力して下さる方も立派なファンなんです! 

ただ、応援しているという気持ちを振りかざして色々言ってきたりする方は本当にファンなのかな?って。「俺はファンだぞ!」っていう言葉は免罪符にはならないと思うんですよ。

 

 

まあ別にオキニになりたいわけでもないのでわたしはいまのスタンスを崩すつもりはないけど、在宅になるなら在宅でもできることをやろうと思いました。(感想文)応援のしかたはそりゃ人それぞれだけれど、「ファンだ」ということを理由に失礼なことを言うのは違うよね。だからわたしは貶し愛が嫌いだ。

 

そこにいるのは「俳優」という仕事をしている「人間」であること、忘れないでいたいです。

 

「自分クソリプ送ってるかも…」と思ったら一読してみてください。あと分類がめちゃくちゃ面白いんで、めちゃくちゃ読んでほしい。いるいる~~~~!ってなる。

 

 

終わり。